社団法人 日本鍛造協会
JAPAN FORGING ASSOCIATION JFA
HOME ダウンロード サイトマップ お問い合わせ
鍛造業について 日本鍛造協会 委員会情報 調査報告 図書案内 関連リンク
HOME > 部会・委員会情報(経営部会) > 安全衛生環境委員会
部会・委員会情報
企画広報委員会
経営部会
技術研究部会
次世代BM化部会
鍛造業ビジョン実行特別委員会
 
 
 
 
経営部会
安全衛生環境委員会
 
平成22年度 安全衛生環境研修会  (終了しました。)
>> 開催案内(PDF)申込書(WORD)
平成22年度安全標語優秀作品決定
去る5月14日に開催された第11回安全衛生環境委員会において、厳正なる審査の結果、応募総数39社376点の中から以下の通り本年度の安全衛生標語優秀作品が決定されました。惜しくもこの度入選に漏れた方もぜひ来年もご応募下さいますようお待ち致しております。

1 等
決めた事、守るあなたが守られる
                 伝えて育む安全意識
株式会社山崎機械製作所
境 圭一朗
2 等
注意する 厳しい言葉は 思いやり
             みんなで協力 安全職場
株式会社アンテックス 真船 純一
やったつもり 確認したつもり つもり貯金が 事故の元
奥村鍛工株式会社 瀬 M 浩
3 等
小さなトラブル見逃さず すぐに報告即相談 
                   必ず摘み取れ隠れた危険
浪速鍛工株式会社 鹿田 吉彦
ありがとう あなたの注意 思いやり みんなで守る安全職場
日亜鍛工株式会社 高橋 勝美
安全は、社員の誇り 家族の思い、今日も一日、0災ヨシ!
万能工業株式会社 加藤 明
佳 作
 
危険箇所 気付いた人が責任者 その場で摘み取る危険の芽
株式会社角田鉄工所 本間 光雄

安全の隙間に潜む小さな火種、広がる前に指差し呼称
鈴木鍛鋼株式会社 高芝和也

安全は基本にもとづくルールの順守 皆で守って事故防止
   
株式会社セイタン 戸田芳太郎

摘み取れまわりの危険の芽 掘り出せかくれた危険の根
                       どんどん耕せ安全職場

高浜工業株式会社 大橋 雅之

一歩先読む確かな点検、目指すゴールは無災害

TDF株式会社 佐藤 道浩

目を凝らし 耳を澄まして 安全確認! もしもの気持ちが みんなを救う
東京精密鍛造株式会社  安田 美咲

“あ、うん”の呼吸もいいけれど 声掛け合って安全作業
株式会社ナショナル鍛工所 竹田 綾子

ヒヤリで済んだあの教訓、今日も活かそう、危険予知
万能工業株式会社  小島 紋加

危ないと感じる力を育てよう、危険を摘み取るKYT
理研鍛造株式会社 田村慎太郎

危険作業 止める勇気と変える知恵 みんなで守ろう 安全職場
森鉄工株式会社 小池 幸一
平成21年度安全標語優秀作品決定
去る5月22日に開催された第9回安全衛生環境委員会において、厳正なる審査の結果、応募総数28社453点の中から以下の通り本年度の安全衛生標語優秀作品が決定されました。惜しくもこの度入選に漏れた方もぜひ来年もご応募下さいますようお待ち致しております。
なお、安全衛生標語並びに労働災害統計をポスターにして会員各位に送付致しましたので、従業員の皆様の目につくところに掲示して下さい。

1 等
一人では見えない危険も見えてくる
         全員参加でリスクの低減
                 掴み取れこの手に安全職場
高浜工業株式会社
石川 隆宏
2 等
危険の芽 ホントにいいのか 摘むだけで
             二度と起きぬよう 根から対策
株式会社九州柴田フォージング 石井  茂
手順を変えるな ルールを守れ 慣れと油断に危険が潜む
理研鍛造株式会社 澁澤 佳広
3 等
明るく挨拶 元気に行動 安全職場に 笑顔の輪
株式会社アンテックス 市毛 良一
ヒヤリ・ハットも事故のうち これで済んだと引き締めて
                    みんなで取り組む 安全作業
大岡技研株式会社 國料 正樹
安全が危険に変わるその油断
          「なれ」と「うっかり」事故のもと
                      初心にもどって安全確認
高浜工業株式会社 山田 浩巳
佳 作
 
ヒヤリハットも シェアリング みんなで 摘み取る 危険の芽
株式会社アンテックス 菊池 良明

危ないと気づいた人が責任者 止める勇気に事故はなし
株式会社イチタン 都丸 雄介

体験したから 出来ること 防ぐ危険 生みだす安全
                    目指せみんなのゼロ災職場
    
大岡技研株式会社 益山 真二

見逃すな ヒヤリとしたことされたこと みんなでつくる安全職場

理研鍛造株式会社 川田 真美

小さなサインを見逃すな 危険につながる何かが見える
                       事前に予知して安全作業

株式会社三和部品 関口 和正

食卓で今日のできごと話す父 明日も無事故でガンバッて
株式会社セイタン 桜井 京子

危険を見つけて すぐ改善 一手先読む 確かな点検
トーカイ株式会社 佐口 真澄

何かヘン 小さな気付き 見過ごさず 今すぐやろう 安全対策
東京精密鍛造株式会社 増山 幹雄

怠るな命を守るヘルメット 心の隙間とひも締めて
株式会社ナショナル鍛工所 三浦 弘之

わすれるな ヒヤリとしたその瞬間 みんなに伝えて 安全職場
株式会社山崎機械製作所 芦内 正己
平成20年鍛工品製造業労働災害実態調査結果
>> 平成20 年鍛工品製造業労働災害実態調査結果(PDF)
>> 労働災害実態調査年次別推移(PDF)
平成20年労働災害実態調査結果
>> 平成20年労働災害実態調査結果(平成20年1月〜12月)(PDF)
平成20年労働災害統計
>> 平成20年労働災害統計表(平成20年1月〜12月)(PDF)
証書発行要領
>> 証書発行要領
平成22 年度安全衛生環境研修会 開催 NEW !
去る10 月7日、8 日に名古屋市デザインホールにて安全衛生環境研修会を開催した。

>> 平成22 年度安全衛生環境研修会(PDF)
平成19年度安全衛生環境研修会開催
去る9月13日(木)、14日(金)に当協会安全衛生環境委員会主催による平成19年度 安全衛生環境研修会が新潟県燕三条市で開催された。一日目が講演、事例発表、二日目が企業視察の日程で55名が参加した。

特に会員3社による安全環境の事例発表には4Sの基本を2Sからスタートさせた工夫、災害発生のケースをマネキンを使ってのビデオ化、一歩先へ行く環境自主行動計画など大変参考になったと好評を得た。


また、二日目には企業研修として「健康と信用」を社是としている株式会社三條機械製作所、社会的責任として環境問題に取り組む株式会社セイタンの講話並びに安全と環境問題への取組方などの現場事例を見学した。

 
第5回安全衛生環境委員会
日時/場所:平成19年8月22日(水)東京ガス叶迴ZテクノステーションA館

【議   題】

1)平成19年度安全衛生研修会開催の件

2)環境自主行動計画フォーローアップ調査の件

3)無災害記録証申請の件
 ○近畿鍛工品事業協同組合会員(東邦工機梶j通算  2年10ケ月  第3種 相当
 ○兵庫県鍛造工業会会員(サントクテック)  通算  3年4ケ月   第4種 相当

4)情報交換、その他
 委員長より特に今年は異常な暑さのため委員各社の現場の暑さ対策について意見を
 お願いした。
  ・現場単位で小さな冷蔵庫を設置
  ・清涼飲料水を各自に配布
  ・塩、梅干しを配布
  ・アイスノンを各自に渡し、首に巻いたが、汚れがつき、汚い。

※今年はこのようにして暑さを乗り切ったというアイデア、ご意見がありましたら当協会宛
  お知らせ下さい。


今回は委員会開催前に東京ガス株式会社千住テクノステーションを見学した。

■エネルギー・環境対策について
これは地球温暖化が国際的な問題になっており、鍛造業界としても業界あげて環境問題へ積極的な対応をはかることが課題となっている。そのため委員会では平成14年3月に見直された地球温暖化対策推進大綱においても、産業用部門などに石炭、石油等のCO2排出原単位の高い燃料から、CO2排出量の削減(C重油に比べCO2は20%削減)により環境負荷低い天然ガスへの転換についての意見交換並びに石炭、石油燃料から天然ガスへの燃料シフトを推進する補助金制度について東京ガス且Y業エネルギー事業部担当者より説明をいただいた。


■バーナーの技術開発について
耐熱金属繊維をニット状に編み込んだ新しいタイプの表面燃焼バーナ「メタルニットバーナ」について説明、見学をした。

[特徴]
・円筒状、半球状、円錐状など被加熱物の形状に婦次手様々な形に加工、張り替えができるコンパクトバーナ。
・加熱効率のより高い、均一な加熱が出来る。環境問題にも貢献できる。

[用途]
・金型加熱昇温速度が速く、余熱温度が半減、金型が均一に加熱され、歩留まりが向上。
・両面形など、バーナ面の形状が自由に設計出来る。必要な部分のみを加熱することによって、金型の寿命が伸びる。

委員からは金型を常温から少し温度を上げたいとき、切断の時、割れてしまった材料を暖める時などに効果的、スポット溶接が出来るのではないかとの意見があった。
鍛造工場における災害事例とその対策」(その4)頒布中
この事例集は各社で発生した災害の状況、発生原因、再発防止策をイラスト、写真等を織り交ぜ、わかりやすく解説したものです。今回は書籍の内容をCD-ROMにも収めました。
プロジェクターを使用しての社員教育用にお役立て下さい。

>> 詳細情報(PDF)
▲ページトップへ
鍛造業について 日本鍛造協会 委員会情報 調査報告 図書案内 関連リンク
(C) Copyright 2007 Japan Forging Association. All rights reserved.