セーフティネット保証5号の指定業種について(令和2年5月上旬には全業種指定に関する告示を行う予定)

更新日:2020年4月27日

令和2年1月中旬からの新型コロナウイルス感染症の感染拡大は、製造業のみならず、宿泊業、旅行業、卸売業などの幅広い業種にわたり、売上減少や資金繰り悪化等、事業活動に深刻な影響を及ぼしているところです。

その対策として、今般、セーフティネット保証5号の指定業種について、保証制度の対象を「全業種」に拡充することとしましたので、ご連絡させていただきます。

令和2年4月7日に閣議決定された『新型コロナウイルス感染症緊急経済対策』において、『地方公共団体の制度融資を活用した実質無利子・無担保の融資を受けることができる制度を創設するとともに、このためのセーフティネット保証・危機関連保証の保証料を減免しつつ、十分な規模の保証枠を確保する』とされたことを受け、現在各自治体と保証制度の創設に向けた調整を行っているところであり、各自治体にて令和2年5月1日以降順次制度を開始する予定であるところ、全ての事業者が制度を利用可能とする必要があるためです。

本件については以下のとおりプレスリリースしておりますのでご確認ください。

プレスリリース

Copyright© 2019 Japan Forging Association. All Rights Reserved.