転嫁円滑化施策パッケージに基づく情報提供フォームについて

更新日:2022年2月4日

 転嫁円滑化施策パッケージに基づく情報提供フォームについて

 昨年12月27日に岸田総理出席のもと、「パートナーシップによる価値創造のための

 転嫁円滑化施策パッケージ」がとりまとめられました。

 本パッケージに基づき、公正取引委員会と中小企業庁は、「買いたたき」などの違

 反行為を行っていると疑われる親事業者に関する情報を提供できるホームページの設

 置(「違反行為情報提供フォーム」)を通じて、広範囲に情報収集を行うこととされて

 います。

 そのため、公正取引委員会と中小企業庁は、1月26日(水)に「違反行為情報提供

 フォーム」をそれぞれのHPに設置しました。

 会員企業宛にも本HPを周知いただき、違反行為を疑われる行為がございましたら、

 積極的にご活用いただけるよう呼びかけていただけますと幸いです。

 ・中小企業庁 「違反行為情報提供フォーム」(令和4年1月26日設置)

https://www.chusho.meti.go.jp/keiei/torihiki/2022/220126shitauke.html

 ・公正取引委員会 「違反行為情報提供フォーム」(令和4年1月26日設置)

https://www.jftc.go.jp/cgi-bin/formmail/formmail.cgi?d=joho

<関連URL>
 〇公正取引委員会「パートナーシップによる価値創造のための転嫁円滑化施策パッ
 ケージ」に関する取組について(令和4年1月26日公表)

https://www.jftc.go.jp/houdou/pressrelease/2022/jan/220126.html

 〇労務費,原材料費,エネルギーコストの上昇を取引価格に反映しない取引は,下
  請法上の「買いたたき」に該当するおそれがあることを明確化するための運用基準の
  改正(公正取引委員会)

https://www.jftc.go.jp/houdou/pressrelease/2022/jan/0126PKG/220126_02.pdf

 〇労務費,原材料費,エネルギーコストの上昇に伴い,下請法上留意すべき点を明
  らかにするための下請法Q&Aの更新(公正取引委員会)

https://www.jftc.go.jp/houdou/pressrelease/2022/jan/0126PKG/220126_03.pdf

 〇「不当なしわ寄せに関する下請相談窓口」(公正取引委員会)
  フリーダイヤル「0120-060-110」(不当な下請取引ゼ(0)ロ(6)ゼロ(0)110番)で,
  下請法上の解釈に関する相談を受け付けております。

 〇「パートナーシップによる価値創造のための転嫁円滑化施策パッケージ」に関す
  る公正取引委員会の取組

https://www.jftc.go.jp/partnership_package/index.html

Copyright© 2019 Japan Forging Association. All Rights Reserved.